猛吹雪の札幌でワカサギ釣り体験してきました

こんにちは、井口です!

みなさんは「ワカサギ釣り」ってご存知ですか?

北海道では有名らしく、僕は移住してきてから初めて知りました。

ワカサギ釣りは冬だけできる釣りでして、

冬に凍った川の水(氷状態)を円形に切り取り川の凍っていない深さまで貫通させる


という方法で、氷の上から川の中にいるワカサギという魚を釣る体験です。

ワカサギは味がとても美味しく、札幌のスーパーでは20匹300円ほどで普通に売られています。

自分で釣ったワカサギは、その場で天ぷらにして食べる事ができます。

これがまたウマい!!身がプリップリです^^

大自然の中で自分の釣ったワカサギを食べるのは最高の体験です!

で、今回は連日猛吹雪の札幌でワカサギ釣りの体験に行ってきましたのでその様子をご紹介します。

 

当日は猛吹雪でした…

この日はあいにくの雪予報。しかも猛吹雪…汗

ワカサギ釣りはテントの中で体験できるので、雨の日でも雪の日でも体験する事が可能です。

そして今回は猛吹雪で風がビュービュー吹いていたのですが、頑丈なテントの中なのでそこも全く問題なかったです。^^

テントの中は暖房器具が無くとも暖かく、ワカサギ釣りに集中できるようになっています。

体験内容もとても単純でして、

・レクチャーを受ける
・釣り針にエサ(人工の虫)をつける
・穴の中から川のそこまで糸をたらす
・ヒットしたら巻き上げる
・釣れたワカサギを釣り針から外し以降繰り返し


釣りをした事がない人からしても単純ですね。^^

ただ、、、

エサをつけるのが割と大変でした。。

ワカサギは体が小さい中ななので釣り針も小さいんです。

その小さな釣り針に小さいエサをつけるので指先が繊細じゃないとキツいです。。。

ただ、ワカサギ体験のテントの外には添乗員さんがいるので、いつでも助けてくれるのでそこは安心して楽しめました。

 

テントの中でお昼ご飯

釣りの体験が始まったのがちょうどお昼時なので、テントの中で持参したカップ麺を食べました。

大自然で食べるカップ麺ってなぜあんなに美味しいんだろうか・・・。

腹ごしらえした後はさらに釣り体験。

3時間ほど体験して、

・ワカサギ7匹
・ウグイ2匹


というまずまずの結果でした。^^

ウグイという魚は食べられないらしく、

ワカサギに比べてかなり体が大きいのですぐに判断できます。

画像の赤矢印の魚がウグイです。下がワカサギなのですが結構デカイです…笑

釣れた魚は基本自分で釣り針から外すのですが、ウグイは体が大きいので暴れたりすると厄介です。

暴れられると釣り針で手を切ってしまう事もあるので、絆創膏を持参していくと良いですね。

もちろん自分で釣り針から外せないときは添乗員さんにお願いすれば駆けつけてくれます。^^

 

ワカサギ釣りは札幌のオススメ観光スポット

凍った川の上で釣りをするなんて、普段なかなか体験できない非日常なので、とてもおすすめです!

天気が良ければテントの近くにキツネが遊びに来たりもするそうです。

北海道のキツネはエキノコックスという菌を持っているので絶対に触ってはいけませんが、近くで見ると可愛いですよ。^^

 

というわけで本日は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

PS. 成果報告が毎日届くアフィLabオンライン講座を今だけ無料で開催してます!


また、LINE友達も絶賛募集中です!
友達には定期的にお得な特典もプレゼントしたりしてますので、ぜひ友達追加してください。
⇒ 井口大輝とLINE友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です