結婚相手の年収いくらなら仕事辞める?/リスクヘッジの話

こんにちは、井口です。

今朝、こんな記事を目にしました。

女性が「仕事を辞めてもいい」と思える結婚相手の年収は?

Yahoo!ニュース

という内容です。

年収というワードは社会人からしたら切っても切れないものなので、こういうニュースには敏感な人も多いのではないでしょうか。

結論から言うと「年収1,000万円以上なら仕事辞めてもOK」という人が1位でした。2位は年収800~1,000万円未満3位は600~700万円未満でした。

ちなみに、女性が一方的に仕事を辞めたいという前提ではなく、「結婚したら仕事を辞めてほしい」と言われたら?というシチュエーションでのお話のようです。

こちらの記事を読んで気になった点があったので深堀りしてみようかな~と思います。

 

まず前提として、今回のアンケートでは、

「相手の年収に関係なく仕事は辞めない」

と回答した人が最も多かったようです。

その反面、

「相手の年収が高ければ仕事を辞める」

と回答した人もいるようです。

後者の人たちが「じゃあ年収いくらなら辞める?」という質問に回答した年収が、

1位:年収1,000万円以上
2位:年収800~1,000万円未満
3位:年収600~700万円未満

という回答でした。

ここで思ったのですが、

夫の年収1,000万円以上あるから仕事を辞めよう

と決断したとします。これって単純に状況を紐解くと、

夫婦で2本持っていた収入の柱を1本にする

という事だと思います。

年収の額は関係なく妻が仕事を辞めたら単純に収入の柱が2本→1本になるという事ですね。

つまり、

「金額がどうこうという問題ではなく収入の柱を1本断つ事で起きるリスクを考えるべき」

と思ってしまうんですよね。

 

リスクヘッジという考え方

ビジネス用語で”リスクヘッジ”という言葉があります。

●リスクヘッジ
→起こりうるリスクを想定してリスクに対応できる体制を取って備えること

これが、出来ないんじゃないかな~と思ったわけです。

もちろん、いざという時の保険とか夫の収入にそもそもリスクヘッジがかかっているならOKだと思います。

例えば年収1,000万円の内訳が、

・本業収入600万円
・副業収入400万円

というような内訳なら、本業でリストラされて収入が0になっても副業収入は残ります。

「本業なんてリストラされないでしょ」という意見はここではスルーします。笑

つまり、妻が仕事を辞めてもいざという時になんとかなるでしょう。

ただ、

保険もなく本業収入だけ

という状態なら、1本の収入源に頼る事になるのでなかなかの綱渡りになると思うんですね。

何らかのリスクヘッジは必要じゃない?と思うわけです。

 

副業はリスクヘッジに役立つ

じゃあどうしたら良いのか?

リスクヘッジとして役立つのは副業です。

夫が副業を始めても収入の柱を増やして万が一に備えても良いですし、妻が副業を始めても良いと思います。

僕が運営しているコミュニティ(アフィLab)でも、本業での収入がある上でさらにそこにプラスで収入が増えるようにアドアフィリエイトを始める人が圧倒的に多いです。

つまり副業として始めるという事ですね。

「副業として始めたのに本業より稼げるからそっち(副業)で独立しちゃいました」

って人も中にはいます。

もちろんこの結果はその人の努力の賜物であり簡単な事ではありません。ただ、そこまでの可能性があるなら、

副業で月にプラス5万円

というレベルでも全然可能性があると思いませんか?

実際、今回取り上げている記事のアンケートでは、

相手の年収に関係なく仕事は辞めない

→理由1位:気兼ねなく使えるお金を稼ぎたい

と、回答している人が42.9%もいるようです。

「気兼ねなく使えるお金の金額」が実際にいくらなのかは分かりませんが、副業として気兼ねなく使えるお金を稼ぐ事は可能です。

むしろ、本業よりも稼げる可能性のある副業だって存在します。アドアフィリエイトがまさにそうですね。

さきほどもお伝えしたように、本業よりも稼げるから独立してしまう人もいるくらいです。

アドアフィリエイトならパソコンさえあればどこでも好きな場所で仕事ができますので、ある意味理にかなっていますね。

 

アドアフィリエイト1本でもリスクヘッジは可能

本業やめてアドアフィリエイト1本に絞ったらそれこそリスクじゃない?

こう感じるかと思います。

ただ、アドアフィリエイト自体がリスクヘッジを考慮した稼ぎ方でもあるんです。

なぜなら、

収益化できるアフィリエイト商品はいくらでも存在する

という前提があるからです。

例えば、月に500万円の売上をあげている人がいるとします。

この人の売上の内訳は、

A商品→60万円
B商品→160万円
C商品→250万円
D商品→25万円
E商品→5万円

こんな感じなんですね。

複数の商品で収益化しているのでどれか1つの商品が売れなくなっても収入が0円になる事はありません。

もちろん全員に当てはまるわけではありませんが、基本的には複数の商品で収益化できるようにしています。

極論かもですが、

終身雇用が崩れつつある現代で本業を続けるよりも、自分で稼ぐ方法でリスクヘッジをした方が安全。

という事ですね。

 

社会とのつながりを持っていたい

ちなみに「仕事は辞めない」と回答した理由の2位は、

社会とのつながりをもっていたい

という回答でした。

よくよく考えてみると、お金を稼ぎながら社会とのつながりを持つ方法ってコミュニティがベストなんじゃないかな~と思います。

実際、僕が運営しているコミュニティ(アフィLab)では、全国各地に「支部」があり、自分の住んでいる地域の人たちといつでも交流ができるようになっています。

・Zoomの部屋を立ち上げて一緒に勉強したり
・Zoomの部屋を立ち上げて作業部屋として活用したり
・コロナ禍以前は実際に会って情報交換とかしてみたり

安定を求めるならアルバイトやそれこそ正社員が良いかもですが、働き方が多様になった現代だからこそ選べる選択肢なのかな~とも思いますね。

こじつけに感じるかもですが事実を見るとコミュニティって理にかなっていますよね。

気軽に使えるお金を稼ぎながら(それ以上稼げる可能性もあり)社会とのつながりを持つ方法

として、コミュニティは最強だな~と思うわけです。

アフィリエイトで稼ぐとなると「人との関わり」なしでは、なかなか続かないですからね。。

 

まとめ

夫の年収が高かったとしてもリスクヘッジは絶対にしておくべきだと思います。

特にコロナ禍になってからそれを感じた人は多いんじゃないでしょうか。

ときどき現状に疑問を抱きながらベストなリスクヘッジを考える

こういうクセをつけておくと、いざという時に焦りません。

とは言え、常に危機感を感じていると人生楽しくないのでほどほどに考えるのが良いのかなと思います。

 

というわけでは本日は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

PS. 成果報告が毎日届くアフィLabオンライン講座を今だけ無料で開催してます!


また、LINE友達も絶賛募集中です!
友達には定期的にお得な特典もプレゼントしたりしてますので、ぜひ友達追加してください。
⇒ 井口大輝とLINE友達になる

2件のコメント

サクライケンイさん、コメントありがとうございます!

リスク分散、めちゃくちゃ大事ですね!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です