上には上がいるけれど・・・/比べる事に意味は無い

こんにちは、井口です。

何かにおいて、他人と比較してしまう時ってありませんか?

例えば、

・同級生の年収
・何かの作業の進み具合
・ボウリングの最高得点

などなど、比較しようと思えばどんな事でも比較できますね。

ただ、この「他人と比較する」という行為は全く意味が無いと思っています。

 

他人と比較する事が無意味な理由

その理由は下記の通りです。

「上には上がいる」

これは誰もが知る言葉ですが、深掘りしていくと案外深い言葉なんですよね。

自分が何かにおいて飛び抜けた才能を持っていたとしても、その更に上の才能を持った人がいます。

そういう人に出会ったとき、この言葉を使うと思います。

自分よりも才能に長けた人がいるのは、おそらく自分自身がよく理解しています。それを考えたとき、このように思います。

60億以上もの人類がいる中で、”一番になる”というのは相当難しいこと。

無理に”一番”を目指す必要は無いと思っています。

自分よりもスゴイ人を目標として掲げるのは全然アリなのですが、超える必要なんて無いですよね。

自分が出来る範囲でトライすればいいんです。

誰かに決められた基準なんてのは無いのだから、いつだって自分が基準です。

これを理解していないと、自分よりもスゴイ人が現れた時、自信を無くしてしまいます。

今まで自分が一番スゴイと思っていた人の心が折れてしまう時って、だいたいこういうシチュエーションです。

でも冷静に考えれば、比べる必要なんて全くないんですよね。

「それなのに僕ら人間は、
 どうしてこうも比べたがる?」

という有名な歌詞がありますが、本当にその通りだと思います。

比べる必要なんて無いんです。

人は人。自分は自分。

これをしっかりと理解しておきたいですね。

 

他人と比較してモチベーションが落ちるのは愚の骨頂

分かりやすい例で言うと、同級生が集まる同窓会で、

友達の年収を聞いて自分より何倍も多くもらっている

こういう事実を知った時、自信を無くす人がいます。

そして、「自分は所詮こんなものだ」と気落ちするのは本当に無駄だと思います。

なぜなら、

友達の年収と自分の年収には相関関係なんて無い

からです。

学んでいた時期は同じかもしれませんが、その後に進んだ道が違い、全く違う経験をして各々別々の成長を遂げてきた結果が今です。

なので、まず前提が全く異なる時点で正確に比べる事なんて出来ないのです。

それなのに、自分より稼いでいる友達を見て嫉妬してしまう。

これは本当に無駄な感情だと思います。

その反面、

なんでこいつにできて自分にできないんだ?

と、前向きに捉えてその日から変わるキッカケに変えられる人は強いですね。

 

比較するなら過去の自分と比較すべき

そうは言ってもどうしても比較してしまうのが人間という生き物。もし比較対象が欲しければ、過去の自分と比較すると良いですよ。

僕自身、負けず嫌いという性格のせいか、人と比べるクセがありました。

ただ、アリウープに入って視野が広がった事で、人と自分を比べるクセが無くなっていきました。

「上には上がいるけれど比べる必要は無い」

これをしっかりと落とし込んでおきたいですね。

 

というわけで本日は以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました!

PS. 成果報告が毎日届くアフィLabオンライン講座を今だけ無料で開催してます!


また、LINE友達も絶賛募集中です!
友達には定期的にお得な特典もプレゼントしたりしてますので、ぜひ友達追加してください。
⇒ 井口大輝とLINE友達になる

2件のコメント

井口所長の言葉には毎回励まされています!ありがとうございます!!
 私はおっしゃる通りメチャクチャ他人と比較しています。
昨年8月に会員登録をさせていただいたものの、やっと今初めて記事LPを書いています。そんな自分が情けなくなって手が止まってしまうことが何回もありました。
 でもこれで止めてしまったら死ぬまで後悔するだろうなと思い返し、やっぱりがんばろうと思いました。
昨日からFacebookに出稿する部分のマニュアルを読み返しています。
今後ともよろしくお願いいたします。

原田さん、コメントありがとうございます!

他人と比較してもろくな事がないので、ぜひ引き続きマイペースで取り組んで行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です